バナー

デジタルサイネージによる施設案内

施設へ訪れた方への案内方法には様々なものがあります。

例えばパンフレットもありますし、音声案内というのも行われています。

こういったものにデジタルサイネージを使用するのは良い判断です。
デジタルサイネージというのは、液晶パネルを利用した掲示システムです。

これは主に店舗案内などに使われる事が多いものです。



液晶パネルを使用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。
それは静止画以外にも動画を扱うことができるということです。

weblio辞典情報について詳しく解説しております。

動画は音声もつけられるので、静止画と比べて情報量は格段に多いものです。

もし良い動画を作ることができたなら、お客さんへの案内はより良い質のものとなるでしょう。
また、デジタルサイネージでは静止画を複数表示することができます。


そのため、簡易なテキストを表示することもできるのです。


例えば10秒ごとに表示を切り替えて様々な掲示物を表示させれば、パンフレットの代わりになるかもしれません。

これを活用してパンフレットを廃止してしまえばパンフレットにかかる諸経費を節約できるでしょう。もちろん併用することも可能です。

何より動画というコンテンツはパンフレットでは不可能なものです。このデジタルサイネージを上手く利用すれば、今まで以上の案内をすることができるようにもなるでしょう。さらにエンターテイメント要素を含ませることもできれば、単なる案内のみならず、お客さんを楽しませるコンテンツにもなります。

デジタルサイネージを上手く活用することで施設の質を向上させることができるのです。